車中から

1262261744-091231_2111~001.jpg
スポンサーサイト

スマイル(^-^)

いよいよ大晦日。新年まで数時間となりました。
皆さんどこでこの時を過ごされているのでしょう?
自宅のコタツの中?紅白みてる?友人達とカウントダウンや初詣に出掛けてる?
スキー場や海外という方もいるのでしょう。
私は郷里へ向かう夜行バスの中にいます。

出発前にマクドナルドに寄りました。
あまりマクドには行かないのですが、今日が期限のサービスチケットがあったので。寒いし。
持ち帰りでホットコーヒーとハンバーガー。
カウンター越しに対応してくれる店員さんの笑顔に気持ちが暖かくなりました。
そりゃあ営業スマイル。SMILE ¥0 。そうかもしれません。
だとしても100点満点あげたいようなスマイルでした。
思わず話しかけたくなるような、こちらの心を動かすものがありました。ありがとう。

年末になり今年を振り返り来年のことを思うとき、ちょっと沈みがちになります。
しかしそのスマイルはふっと心軽くしてくれました。
やっぱり笑顔っていいなぁ。そんなことでいいんだ。

今年もありがとうございました。
来年もささやかな幸せを感じとれる年でありますように。

UP! 

  • Day:2009.12.16 13:21
  • Cat:映画
いよいよ年の瀬といったところですね。

ピクサーのアニメーション映画「カールじいさんの空飛ぶ家」いよいよ公開です。先週観てきました。
大満足!!さすがピクサー!外しません。

「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」と、ピクサー製作のアニメはまだまだあると思いますが、いつも楽しみにしていて、しかもハズレがありません。
かつてセルアニメで育ちアニメブームど真ん中世代の自分は、手描きのアニメーターへの憧れがあり、3DCGアニメへの移行を冷ややかに見つめていました。個性のないツルっとしたプラスチックの質感のキャラ達が機械的な動きをする。
しかしことピクサーに関してはそんな憂いを高いレベルでうらぎってくれました。
CGといえどもアニメーターの体温を感じます。仮想空間の中で人形アニメを創る感覚なのでしょうか。単純化され誇張された造型のキャラの演技に感情移入させられます。動きを創るアニメはマイムと重なる部分も多いです。
オープニングからエンドロールに至るまで細部に渡る楽しいアイディアの積み重ねは、何人もの優れたクリエーターがどのくらいの歳月を積み重ねたのか気が遠くなるほどです。
これぞエンターテイメント!

『カールじいさん~』も泣いて笑って1時間36分があっという間でした。
特に冒頭、じいさんが家を飛ばすに到る数十年を、ほとんど台詞なしで伝える数分のシークエンスの見事さには感嘆です。
併映の短編も面白かったです。もう一回見てもいいなぁ。今夜は3D上映にしようかな。
老若男女問わず誰もが楽しめる映画です。お薦めします。

ちなみにこの映画、原題は『UP』です。
333261_005.jpg

マイムの楽しみ (2)

マイムを説明するのに無言劇といったりしますが、誤解されやすい言葉かなと思います。
台詞のあるお芝居を耳をふさいで観たらマイムか?喋らないお芝居がマイムか?
多分それはよくわからない不自由なものになると思います。マイムにはマイムの語り口(技術、構成、演出)があるのです。
マイムにおいては喋らないことが大事なのではなく、動きで語りたいがため、あえて口をつぐむのです。
だとしたらダンスとの違いは何でしょう?
同じように身体の動きをメインとする表現です。
絵画に例えるなら、ダンスは抽象画、マイムは具象かなと思います。
よくわかんない例えかな。
とはいえそんなことは演じる側が意識すればいいだけで、見る側は余計な先入観なしに楽しんでもらえればいい。それが出来ないものは失敗作だと思います。
ただしマイムは観客に想像力を要求します(想像力を喚起する魅力こそ演者に必要なのですが)。たいてい舞台の上には小道具も凝ったセットもなく演者がいるだけです。そのあたり落語に近いものがあります。
観てくれるお客さまがいて、その想像力の上に初めて完成する。
マイムとはそういうものだと思います。

ガスパール?!

1260677650-K3200001.JPG
仕事を終えて帰ってくると家に黒い生き物がいる!
全身黒い短い毛で覆われていて、耳とゴボウのような尻尾がピンと立っている。一目見た印象は"カピパラ"?
いえいえ犬でした。同居人が遂に強行手段に出たのです。
彼女は生き物好きで、既に銀鳩一羽、金魚にメダカ、グッピー、ネオンテトラを飼っています。観葉植物もあちこちにあります。でも一番飼いたがっていたのは犬なのです。
今の家も同居の際、ペット可で決めたのもあります。ですが、ペットショップで見る子犬は高いし、悪質なブリーダーの繁殖にも反対です。犬がいると二人して気ままに外泊も出来ない。
先延ばしにしてた僕に痺れを切らし、里親募集の貼り紙を見つけてさっさと連れ帰ってきた次第です。

スコティッシュテリアで3歳と言われたそうですが、少々白髪もあり5歳位の成犬でしょうか。頭が大きく手足が短いので仔犬の体型ですが、身体はがっしりしてて10キロ位あります。ちゃんと躾られてたようで、吠えることもなく、じっと見つめる様子はキャラクター"リサとガスパール"のガスパールのようです。
飼うからにはオシッコうんこの始末に毎日の散歩、健康に楽しく暮らせるよう最期までちゃんと面倒みなくっちゃ。もう家族です。
ちなみに名前は「がじゅまる」です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。