落語とマイム

気持ちいい秋の日が続きます。如何お過ごしですか。

いきなりですが、落語とパントマイムって似てるなって思うことがあります。
片や"語り"の芸、かたや"沈黙"の芸。正反対じゃないか?
身振り手振りの動きに共通項がある?それもあります。

それよりも私が近いなぁと思うのは、どちらも観客がイメージを見ているということ。
例えば、高座にいる落語家さんを観ながら、同時に長屋でのご隠居と熊さん八っつぁんのやり取りを観てるんだよね。
パントマイムも同じだと思います。すごいソロのマイマーの舞台を観てると、不可能は無いんじゃないかと思えるほど、ありとあらゆる状況、様々な人物(それ以外も)が出てきます。
でも本当に目の前にあるのはシンプルな舞台と一人の人物だけなんだよね。

そんな落語とマイムを同時に味わえる絶好の機会が間もなくあります。
なんだ宣伝かよ。いえいえ。

―――――――――――
10月21日終了しました!ご来場ありがとうございました。
★さくパン第32回
秋の特別企画
「落語とコラボナイト~イメージの世界を楽しむ2つのシンプルアート~」

☆ゲスト:三遊亭粋歌(落語家) 
・あがりえ弘虫
・みぎわ
・たかくわみえ(劇団汎マイム工房)
・さされい

●料金:\1,000
●19:30開演
●場所:PA/F SPACE(東西線早稲田駅5分)
新宿区馬場下町18フェニックスビル3F
詳細は↓
http://pantomimeweek.com/
―――――――――――
まだ残席ございます。
予約はメールにて
件名「さくパン♪予約」
お名前(フリガナ)、枚数、連絡先を記載の上↓
sakufes@gmail.com まで
このブログ右側のメールフォームからも受け付けてます。
当日わたしもスタッフとして会場にいます。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。