おおかみこどもの雨と雪

  • Day:2012.07.25 10:34
  • Cat:映画
20120722173114.jpg
映画「おおかみこどもの雨と雪」観てきました。

大人の鑑賞に耐える「映画」。
もちろんこどもにも!

出会いと別れ。
子育てと成長と巣立ち。
人間と自然。
観る前に想像してた可愛らしいファンタジーではない、リアルでシビアな内容。
いろいろ考えさせられました。

映像的にも、3DCGの流れとは違う日本のアニメスタイルの一つの頂点だと思う。
自然描写がすばらしい。

見終わった後、焼き鳥が食べたくなる。
お父さんに連れられてきてた小さな女の子が、帰りの道すがら「うぉぉぉ~~」と遠吠えをあげてた。
(実に正しい観賞後の反応!)
そんな映画。

夏仕様



いやあ梅雨も明けて夏がやって来ました。暑い!

年々暑さに対する耐性が落ちてきてる。
毎年言ってる気がするが。(過去記事)
でも気をつけないと熱中症になりそう。
しんどいのは、もうなりかけてるのか。

住んでる練馬区は東京でも暑いらしい。
最近は何かと「東京練馬でも...」とニュースで耳にする。

なるたけ電気に頼らない生活を心掛けたいんだけど、日中愛犬「がじゅまる」を家に残してるのでそうもいかず、タイマーかけてクーラー入れている。
まさに"お犬様"生活。

スコティッシュテリアは体毛が密集していて毛足が長い。
いかにも暑そうなので、バリカンでカット。
二時間かけて高校球児の頭のようになりました。
じつはお前って顔が細いのね。





ありがとう



パントマイムウィーク6『マイムマルシェ』すべてのプログラムが終了しました。

各プログラムの模様はこちらからどうぞ→ 公演レポート

そしてMAKOTOシアター銀座が閉館しました。

最後のステージとなる7月8日(日)の開場前には、舞台上に御神酒が供えられ、ベートーベンの第九「歓喜の歌」が大音量で流されました。
ここで長く照明・音響を務められた松田充博さんからのはなむけでしょう。

劇場前には開場を待つお客様の長蛇の列ができてました。
14:30 開場。15:00 開演。
16:45 最後のステージが終了しました。
劇場の最後を飾るにふさわしい感動的な舞台でした。

お客様を見送って直ちに"バラシ"。
空っぽになった舞台に、松田さんによって御神酒が振り撒かれました。

照明を下ろされ、暗幕をはずされた舞台は、古い壁を剥き出しにして廃墟のビルの趣です。
しかし、ここの光と闇の中に、たくさんの笑いと涙、歓声と沈黙、狂気や官能やさまざまな想いがあったのです。

かつて一観客としてパントマイム公演を観に来てました。
いつか出れたらいいなと思ってたMAKOTOの舞台に二度ほど立つことが出来ました。

2009/11/29 2011/6/27

記憶の中では広い印象だったステージが、実際に立ってみると小さくてびっくり。
そこが舞台の魔法で、演者の力でもあるのでしょう。

今回の『マイムマルシェ』では副実行委員長としてサポートに専念しましたが、各プログラムのすばらしい舞台を観て
「マイマーはマイムという語り口で表現している」
「マイムは人生を賭して追求する価値のあるものだ」
という想いを強くしました。


ご来場いただいた皆様、出演者とスタッフの皆様、ありがとうございました。

そして「MAKOTOシアター銀座」お世話になりました。
ありがとう!!

しなやかにしたたかに

先の書き込みからずっと考えているんだけど、"怒り"って必要だと思う。

いつも従順な羊でいいわけがない。

だけど、衝動に身を任せてはいけない。
頑なにイデオロギーに固執するのも違う。
暴力に訴えたり、逆に悲観して自殺しかねない。
それじゃあ権力者の思うツボだろう。

いきなり物騒な話だけど、要は脆弱な精神と身体では駄目ってことだ。

人はたいした考えもなく悪をなしてしまう。
本当に大切なものをいつも忘れちゃいけない。

本質は何か?


"しなやかにしたたかに"あらねば。