『この世界の片隅に』

  • Day:2016.11.13 12:56
  • Cat:映画


昨日公開の映画。
映画製作の情報を知ってから、ずっと公開を楽しみに待ってた作品です。
海老名のTOHOシネマで初日の初回上映を観てきました。

それから、ずっとこの映画のことを考えています。
観終わった後、おもしろかったけどすぐ忘れてしまう映画が多い中、この作品は違います。
この映画はとても複雑だと思うのです。
単純なカテゴリー分けは出来ない。
悲惨なお涙頂戴の戦争映画では決してありません。
戦争へ向かっていく時代の中、物資は不足し、家屋は壊されていく。
負傷し、愛しい人を次々と亡くしていく。
それでも生きてる限り毎日の生活は続いていく。
それはもうお腹が空いたけど何を食べようかということです。
今日も明日も明後日も、来月も一年後も十年後も。
生きるってことは、毎日の生活を繋いでいくこと。
この映画が凄いのは、70年前の過去を歴史上の出来事として描くのではなく、主人公と共に同じ時間を生きてると体感させるほどのリアリティと親密さをもって描けてること。
それが成立するって、世界を創ってるに等しい。
それをあのほんわかとした優しい絵柄と色彩で。

監督が「すずさんは生きている」と言っています。
そう言い切れるほど綿密なリサーチを重ね、6年もの間、情熱を注いで作り上げた作品。
確かにすずさんが生きてきた先に、今の自分が生きてるんだと思える。
いとおしい作品です。

http://konosekai.jp/

出張の日々2


昨日から神奈川の鶴間で暮らしています。
これから2ヶ月ちょっと友人の会社にお世話になります。
長期滞在になるので、会社の近くにアパートを借りていただきました。

朝早く尾道の自宅を出て広島空港へ。
昼過ぎには新宿の人混みを歩いている不思議。
新宿から急行で50分。
鶴間も尾道からすれば大都会です。
巨大なショッピングモールがあり、歩ける範囲でたいがいの物は買うことができます。
でも自然は少ないかなぁ。
アパートの目の前に公園があるのがうれしい。
人間に必要なものって、何なんだろう?
尾道で彼女とワンコは元気にしてるだろうか。

来月10日にはマイムの舞台も控えています。
今は物も少ないこのワンルームで、シンプルにストイックに暮らしていきます。