内集団バイアス

「地震の後には戦争がやってくる」
と、忌野清志郎は書いた。
その文章は阪神淡路大震災の5年後に書かれたものだけど、東日本大震災の後にも様々な人に取り上げられ、僕も目にした。
全文はこちら

先日たまたまテレビのチャンネルを替えていたら、こんな番組を目にした。

NHK Eテレ SWITCHインタビュー 達人達(たち)
アンコール「室屋義秀×中野信子」


この脳科学者の中野信子さんという方、どこかで見たことあるなと思ったら、さんまの「ほんまでっかTV」に出てた人だった。
おっとりとした話しぶりに惹かれて、しばらく見てみた。
中野さんが最近興味あることとして、「災害」と「戦争」の因果関係を脳科学的に研究したいと言われていた。
大きな災害が起こると、内向きの結束力が高まる。それは脳内物質のオキシトシンの働きによるもの。
それ自体は悪いことではないんだけど、同時に排他的な力が強まる。
そしてその敵対心は近くのものに向けられる。
そんな話だった。

これって今の日本のそして世界の状況そのものじゃないか。
ちょっと調べてみると、こういう現象を「内集団バイアス」というらしい。

日経ビジネスオンラインのインタビューではこんなことも言われている。
『脳とナショナリズムと戦争の意外な関係』

「内集団バイアスがもたらすデメリットは、自分が属すのでない集団に対する敵対心を生むことだけではありません。
自分が属す集団内において「排除」の論理が働くようにもなります。」

この内集団バイアスをなくすことはできないと言われている。
ならば自分のそのような脳の働きには意識的でいたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。