一期一会



昨日は中野駅を中心に13日まで開催中の「中野にぎわいフェスタ」の一部、南口近くの旧桃丘小学校を会場に行われた"にぎわいキッズ×アートフェスタ"に参加してきました(3月6日10時~16時)。

中野に縁のある団体・アーティストが、子ども向けにさまざまなワークショップや発表、展示、販売を持ち寄って、さながら学園祭のようでした。
ボクらマリオは、ZEROキッズの『キッズアートCafe』にてフェイスペイントやバルーングリーティング、会場内練り歩いての賑やかし、入口での呼び込み・誘導をやってました。
午前中は人の集まりが少なく心配でしたが、午後は結構な人出で終了まで大賑わいでした。天気もよく暖かい一日でよかったです。
ご来場いただいたみんなが楽しい時間を過ごせてたらいいなぁ。
一部連絡ミスで正しいご案内が出来ず不快な思いをさせる場面がありました。すみませんでした。


で、考えるのですが、人と向き合う時は誠実でなくてはいけないなぁと。
昨日のようなワークショップであれ、フェイスペイントで椅子に座ってくれたちびっこであれ、表現の場であれ、その出会いは一度きりかもしれない。
いやその瞬間での出会いは一度きりです。
発表する側にはいつもの繰り返しかもしれないけど(同じことってありえないのですが)、受けとる側には初めての出会いです。

その出会いが良ければまた逢いたいと思うでしょうし、(たまたまにしろ)雑な対応で悪い印象だともうこれっきりになるでしょう。

ルーチンワークを要領よくこなせるようになるのは悪いことじゃありません。
でもルーチンワークにしちゃいけない部分はあるのです。
真摯な態度で人とは向き合わなくちゃいけない。
それはただ真面目くさることじゃないし、リキむことでもない。
もっとナマで本能的なことじゃないか。
本質をつかまえなくっちゃ。
目的を忘れちゃダメだよ!



イベント終了後、そんなことを話しながらオヤジ二人の飲み屋の夜は更けていくのでした。
お相手は"まきまきアニマル"の工作ワークショップで参加してた石塚ツナヒロ氏。お疲れ様でした。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。