ほんとうにたいせつな情報とは?

  • Day:2013.11.30 13:00
  • Cat:言葉
最近読んだ本から、気になった部分を抜き書き。

『踊りでも、すばらしい踊りをだれかが見せて、そのとき、まわりの人がざわざわっとしたとか、すすり泣きが聞こえてきたとか、拍手がすごかったとか、こういうものは空間と時間を共有して、自分がその現場にいないとわからないことなのです。
文化の情報はかならず何かそうしたものをもっているのです。
そのようなことを、記憶はできるのですけど、なかなか記録はできません。
こういうものをもっと大事にしていってほしいのです。』

『できれば相互編集のためには、いろんな仕事の現場に入りましょう。ネットの端末であれこれいってるだけでは、ダメです。』

『わたしたちは、自分たちの得意な「多数派のコミュニケーション」のやりかたばかりをいばっているけれど、きっと世界の人びとはもっと多様な情報コミュニケーションをもっているはずだと感じたのです。』

ー未来のおとなへ語る「わたしが情報について語るなら」ー
著/松岡正剛 ポプラ社

ポプラ社から出ている、各分野の専門家が小中学生向けに書いたシリーズのひとつです。
編集工学を提唱する松岡正剛氏。
昔から気になってる人なんだけど、その著作は自分にはまだ敷居が高い。
そこで図書館の青少年コーナーにあったこの本を借りてみました。
「情報とはなにか」ということを、宇宙の誕生から生命の進化、人類の出現から現代までを追って説明してくれます。腑に落ちました。
上に書き記した言葉は最終章に出てきます。

「17歳のための世界と日本の見方」(春秋社・2006)も面白かったな。

セイゴオちゃんねる(松岡正剛の最新情報)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)