ウォルター・ミティ

  • Day:2014.04.17 01:12
  • Cat:映画
347535_001.jpg

映画「LIFE」を観てきた。

事前に紹介を見てみると、「主人公のウォルター・ミティはうんぬん」とある。
”ウォルター・ミティ”なんか聞いたことあるな?
そうだ「ウォルター・ミティにさよなら」だ。

劇団ショーマの高橋いさを氏による戯曲。
”小劇場ブーム”と言われてた大学生の頃、劇団ショーマは若手の人気劇団だった。
在学していた大学の劇研が公演でこの芝居をやってた。
細部は忘れてしまったが、おもしろかったのでこのタイトルはよく記憶している。
芝居の中で”ウォルター・ミティ”に触れることはなかったと思う。
ちょっと調べてみると、「LIFE」というのは古い映画のリメイクらしく(1947年。邦題は「虹を掴む男」)、映画好きの高橋氏がこの旧作映画から引用したらしい。
「ウォルター・ミティにさよなら」かっこよく不思議なタイトルだと思ってたけど、ここからきてたのかぁ。

旧作の邦題「虹を掴む男」といえば、「男はつらいよ」終了後すぐの山田洋次に同タイトルの映画があった。
こちらは「虹をつかむ男」(西田敏行主演)。

新作の「LIFE」は大がかりなロケとCGを使い、膨大な人手とお金をかけて作られているが、いまひとつテンポが悪く感じられた。

原題は「The Secret Life of Walter Mitty」
旧作も観てみたいと思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)