心をみつめる 〜清水きよし「幻の蝶」を観て

24976.jpg

暖かな秋の日、清水きよし氏のパントマイム公演「幻の蝶」Vol.128 を観にいきました。
(2014.10/26(日)16:00〜梅若能楽学院能舞台)

タイトルだけは以前から知っていた舞台。
初演から35年、繰り返し演じ続けてこられたそうです。
能舞台でのソロマイムというのにも興味を引かれました。

バラエティに富んだ8作品によるオムニバス。
暗がりに浮かび上がる能舞台で演じられるそれは、幻想怪奇譚といった趣き。

異空間にさまよい込んだ感じ。
いったい今は何時なんだろう。
表はまだ明るいのか暗いのか。
清水きよし先生はその水先案内人。仙人か妖怪かも知れない。

能舞台の静謐な空間。
無音であることの緊張感と心地よさ。
時折奏でられる11弦ギターの調べが、ノスタルジーに誘う。

波立っていた心が凪になる。
いつまでもひたっていたい。

マイムを観るということは、己の心の中をのぞきこむ時間のような気がします。
眼前の動きを目で追いながら、身体の内で情景を想い描いている。

忙しいとは心を亡くすと書きますが、亡くしていたのは自分を見つめる時間だったように思います。
暇つぶしにネットをのぞき込み、自分から余計な情報に翻弄されて、訳も分からずイラついている。

大切なことに気づかせてくれる、貴重な時間をありがとうございました。
清水先生、これからもお体大切に。
「KAMEN」と共に、繰り返し演じ続けていってください。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。