夏の課題図書

  • Day:2010.08.20 18:58
  • Cat:読書
残暑お見舞い申し上げます

今年のお盆は帰省せず猛暑の東京にいました。
ギラギラ太陽に外出する気にもなれず、クーラーのあるひと部屋で犬と鳩と共にごろごろしてました。
ぽっかり空いた心を埋めるように本が読みたくなり、本屋に平積みされてる「新潮文庫の100冊」から北村薫の『ひとがた流し』を買いました。
これが今の自分にヒットでした。
一読して涙がこぼれ、すぐにもう一度読み返したくなりました。再読しても面白い。
これは何だろうね。ストーリーだけじゃないんだよねぇ。
あらすじは簡単に要約できるシンプルなもの。
その中にあるささやかなもの、切なさ、喜び、哀しみをすくいあげる作者の語り口に共鳴します。
大事に読みたい部分がたくさんあります。

続いてこの作品が新聞連載されてた前後に北村氏が早稲田大学で二年にわたり行った講義を元にした『北村薫の創作表現講義』(新潮選書)を図書館で借りてきて読んでいます。
こちらも「表現とは何か」ということを一緒になって考える興味深い本です。

その昔小中学生のころは夏休みに読書感想文の課題がありました。
これがまったく書けませんでした。
今ならどうかなぁ。

137331.jpg

北村薫『ひとがた流し』新潮社

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)