ハダカのオドリコ 牧瀬 茜ちゃんのこと(2)

お互いの近々の出演情報を交換して、僕はギャラリーを後にしました。
後で茜さんはストリップ劇場の踊り子として活動をスタートさせたこと知りました。
だから、言いづらそうにしてたのか。
オレが変に思うかも知れないから。
いや彼女は「ハダカオドリ」とちゃんと言っていた。
オレが想像もしてなかったから、冗談で「腹踊り」って言ってると考えたんじゃないか?
自分の中にストリッパーに対する偏見はないか?
彼女に失礼なことをした気がして、これは実際に見てみないとと浅草の舞台を予約しました。
この時は「I.M.O.」としてのライブで、映像とボディペイントと身体と生演奏。
茜さんの見事な脱ぎっぷりは堂々としたもので、美しいとは思うもののエロさは感じませんでした。
(それはストリップティーズとしてはどうか?)
そして全裸のまま客出し。
汗をかき上気した身体とキラキラとした笑顔と。
声をかけるのも恥ずかしく劇場を後にしました。

I.M.O

新宿荒木町の「アートスナック番狂せ」で「I.M.O.」の写真展開催中です。
2017年4月3日(月)〜28日(金)
LIVE・LIFE・LOVE  -Iの遺言 Mの寝言 Oの戯言-

★茜ちゃんと尾道にて、まもなく→4/14「珈琲と音楽とマイムとオドリ」

ハダカのオドリコ 牧瀬 茜ちゃんのこと(1)

もう間も無くですが、尾道にて牧瀬茜さん企画のライブに出演いたします。
大変光栄で嬉しく、ワクワクしています。

タイトルでちゃんづけで書かせていただきましたが、それほど彼女のことを知ってるわけではありません。
初めて会ったのが3年前。2014年の秋。東京は西荻窪のギャラリーにて。
知人の作家さんの個展会場で、作家さんと三人、コーヒーをいただきながら話しました。
とても控えめで繊細でいてほんわかとした印象。オープンマインドな雰囲気の女性でした。
コーヒーの紙コップの絵柄を気に入って「持って帰っていい?」と言われてました。
ダンサーとの紹介を受け、俺「何系の踊りですか?」
茜さん「はだかおどり」俺「えっ?腹踊り?」
それ以上突っ込んじゃいけない気もして、言葉を濁しました。
別れ際に「うちの庭で採れたから」と柿をひとついただきました。
その時の印象がとても強く残っています。
(つづく)

牧瀬茜さんの柿
※その時いただいた柿

飼い犬に手を噛まれる

moblog_9d861329.jpg

えぇ、比喩ではありません。
愛犬"まんさく"に腕をガブリとやられました。

11月頭から長期出張で家を空けています。
月一で数日は戻っていますが、基本彼女と犬一匹で留守番です。
そこにたまに帰って来るからか、彼女に近づくと唸るのです。
彼女の隣でテレビを観てたら、いきなり怒ってガブリと。

俺も怒りましたが、体罰は逆効果みたいですね。
甘やかし過ぎて、主従関係が逆転してるんでしょう。
帰ったら、ちゃんとしつけ直さないと。
おちおち寝てられないんで。

謎の彼女X

20170115164800b28.jpg

突然ですが『謎の彼女X』というアニメに、はまっています。
今から5年前に深夜帯で放映された作品。
先週末に風邪で寝込んでいるとき何気なく見て、全話視聴してしまいました。
それからというもの、主題歌が脳内エンドレスリピート。
同じく高校生の恋愛を扱った『君の名は』なんて、どこかに飛んでいってしまいました(これはこれで良くできた映画でしたが)。

50近いオッサンが正直きめぇとも思います。
この作品のどこにこれほど惹かれるのか。

高校二年生の主人公のクラスに女の子が転校してくる。
隣の席になった彼女は前髪で眼を隠し、休憩時間は机につっぷして誰とも交流しない。
ある放課後。ひとり机で寝ていた彼女を起こした主人公は、彼女が帰った後、机に残った彼女のよだれを思わずなめてしまう。
しばらくして原因不明の発熱で学校を休み続ける彼を見舞い、彼女が告げる。
「あなたの病気は風邪なんかじゃないわ。
ただの、、、恋の病よ。」

二人は交際を始めるのだが、放課後待ち合わせて途中まで一緒に帰るだけ。
彼女は頑なに、キスはおろか手をつなぐことも拒み続ける。

放映時”変態よだれアニメ”とも言われ、拒絶反応をしめす人もいたようです。さもありなん。
いろいろとエキセントリックな設定はあるのですが、その本質はあまりにも純情な王道の恋愛物語なのです。
全13話。最終話の見事な幕引きに、一人感動して拍手しました。
なにもしないできないからこそ、悶々と妄想がつのる。胸をかきむしられるような切ない気持ち。
思春期の甘酸っぱい記憶が思い出されます。
この作品に惹かれるのはそういうところでしょう。

なによりヒロインの声がいい。
アニメ声ではない異質な声。当時、声優初挑戦の女優 ”吉谷彩子”さん。
俺も高校生の頃にもどって
「はい。いちょうくん、今日の分。」
て、言われてーー♪

謎の彼女X-Wiki

2017

年賀2017
あけましておめでとうございます

今年は暖かなお正月でした。
12月27日深夜に尾道に戻り、年末年始をのんびりと過ごしました。
明日の新幹線で再び神奈川へ移動します。
今あわてて年賀状をプリントしてるところです。
なんか毎年こんな感じですが、ひとまず

本年もよろしくお願いいたします